ただいま鉄道写真スキャン中

昭和40年代中半の国鉄時代から、21世紀初頭のJR時代までの鉄道写真をご紹介。当時のことやら思い付いたことなどをとりとめなく記しました。

福部、再び

福部で撮影した別のカメラによる写真です。ASA400のフジクロームRHP D400なので、画質は粗いです。

f:id:railway-photo:20190908070815j:plain

未明の鳥取

一応、撮っていましたが、ボケボケです。まだちゃんと目が覚めていなかったのかも。毎日、睡眠時間は4時間半程度でした。

 

f:id:railway-photo:20190908070921j:plain

f:id:railway-photo:20190908070935j:plain

05:27 福部駅 522列車

鳥取から乗車した522列車。ホームはキチンと手入れされています。駅員無配置でも、地元の人が手入れしている駅もありますが、やはり人が居る駅は落ち着きます。

 

f:id:railway-photo:20190908071057j:plain

福部駅

この1枚だけですが、駅舎の写真を撮っていました。今は過去の風景ですね。

 

f:id:railway-photo:20190908071201j:plain

06:26 福部←滝山(信) 524列車

築堤下の細い道でおおよその場所は分かりますが、県道より少し高い位置なので、道路脇の斜面にでも上ったのかもしれません。

 

f:id:railway-photo:20190908071241j:plain

f:id:railway-photo:20190908071254j:plain

07:56 福部→滝山(信) 出雲3号

高感度フィルムだったのでサブカメラ的に使っていたようです。以上、これだけです。ASA400の国産ポジフィルムで、これだけ描写できるというのは、当時としては画期的だったような気がします。色はまあまあ、でも粒状性はイマイチでしたけど。

 

昭和61(1986)年7月27日