ただいま鉄道写真スキャン中

昭和40年代中半の国鉄時代から、21世紀初頭のJR時代までの鉄道写真をご紹介。当時のことやら思い付いたことなどをとりとめなく記しました。

C58 116

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

f:id:railway-photo:20210613073711j:plain

昭和42(1967)年7月15日 高山機関区

 

f:id:railway-photo:20210613073744j:plain

f:id:railway-photo:20210613073800j:plain

f:id:railway-photo:20210613073815j:plain

昭和42(1967)年9月18日 高山機関区

車歴は↓こちら。

前照灯は、前はシールドビームですが、後ろは違います。

些細なことですが、キャブ前窓の庇には、孔が2カ所設けられています。何のためなのでしょう?

区名札ですが、もしも「山口機関区」があったとしたら、高山機関区の区名札はどうなっていたのでしょう。あれ?山形機関区も「山」だったのでは?でも蒸気機関車の配置は確認できないので(DD15などが配置されてはいました)同じ区名札でも支障はなかったのでしょうか。

沼津機関区へ転配された後は入換専用機となり、クルクルパーのお皿を載せ、駅構内の他、沼津港線で貨車を牽いたりしたのだそうな。沼津港線は昭和49(1974)年に廃止されています。