ただいま鉄道写真スキャン中

昭和40年代中半の国鉄時代から、21世紀初頭のJR時代までの鉄道写真をご紹介。当時のことやら思い付いたことなどをとりとめなく記しました。

D51 103

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和46(1971)年2月17日 下関機関区

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51103

長門機関区の所属なので、山陰本線の運用に当たっていたのでしょう。

砂撒き管3本揃っての直下は、標準形になっても変わらない汽車會社製の特徴。

保存されているものの、展示状態も機関車の状態もあまりよろしくないようです。

 

昭和48(1973)年の「SLダイヤ情報 秋冬特集号」をめくると、当時の山陰本線の蒸機運用は米子~下関間となっており、米子区、浜田区、長門区の三つの機関区のD51で運用を賄っています。

米子区は米子~浜田間、

浜田区は米子~長門市間、

そして長門区は浜田~下関間をそれぞれ担当していました。

この中で最も運用距離の長いのは浜田~下関間の客車列車で、823列車と828列車の上下各1本ずつ、運行距離は204.0kmです。

823列車は浜田発04:10、下関着10:32で所要時間6時間12分、

828列車は下関発12:28、浜田着18:55で所要時間は6時間27分。

両列車とも益田で30分以上停車するというのですから、何とものんびりしています。もっとも、今では浜田~下関間に直通列車は存在せず、

浜田発05:28発の列車に乗車し、途中、益田と長門市で乗り換えて下関着は11:43と所要時間は6時間15分であり、蒸機時代と何も変わりません。気動車化によりせっかく運転速度が向上しても、ブツ切運用に加えて接続の悪さのダブルパンチが所要時間の短縮に全く貢献できていません。同様のことはJR西日本だけの問題ではありませんけどね。

D51 101

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和47(1972)年5月23日 酒田駅

 

昭和47(1972)年5月23日 酒田機関区

 

昭和48(1973)年4月14日 坂下~落合川

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51101

標準型の第一号になります。でも、煙室扉の手摺は左右両側にあるんですね。

酒田区時代には炭水車に重油タンクを載せていますが、中津川区へ異動すると降ろされたように見えます。その代わり集煙装置を載せて男前を上げています。

キャブ屋根が東北機らしく、後方へ延長されていますが、現在の保存車を見ると延長部分は撤去されています。中津川区で取り去られたのでしょうか。

旋回窓は両側にありますが、機関士側のものは張り出しの上、幾分斜めに取り付けています。少しでも視界を広く取ろうという事でしょうか。

炭水車は台車が板台枠となった「8-20B」。一部のナメクジではこの炭水車に振り替えています。煙室前端の丸味がなくなったことと合わせて優雅さは消え、貨物機らしく地味さ倍増です。

快速「木曽路号」で101号機は、除煙板に「つばめ」マークを付けて走ったことがあるそうです。

http://joki.o.oo7.jp/1mai/0702.htm

D51 99

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和42(1967)年8月13日 滝川機関区

 

昭和43(1968)年12月24日 栗山駅

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D5199

生涯のほとんどを岩見沢機関区で過ごした機関車のようです。

1年と4カ月ほどの間のある2枚の画像を見比べると、補助灯の有無(とスノープラウの有無)くらいしか認識できません。除煙板の切り詰めはこの後でしょうか。ネット上で昭和44(1969)年3月の画像を見つけましたが、やはり切り詰めされていません。廃車まで残り半年ほどなのに、果たして切り詰めされますかね。

 

室蘭本線上り列車の最後尾から撮影した下の画像ですが、この時の栗山駅は夕張鉄道が健在で、まだ賑わいが残っていた頃でしょう。夕張鉄道には一度だけ、野幌から栗山まで乗車したことがあります。

https://railway-photo.hatenablog.com/entry/36507960

画像の左奥には給水塔が見えます。夕張鉄道のものでしょうか。

 

蒸機晩年には栗山~栗丘間には多くのファンが訪れました。今から見れば信じられないくらい貨物列車の本数が多く(1時間に3本以上)、そのほとんどがD51牽引によるものでした。歩いていけるほどの駅間距離ですが、その間にはトンネルがあったり築堤があったりで、そこそこ変化に富んだ沿線風景である上に、煙もそれなりに期待できました。今と違って、線路際は雑草にまみれることもなく、足回りがすっきりしていましたしね。

D51 97

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和42(1967)年8月17日 追分機関区

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D5197

終生、道内で過ごした機関車です。正面ナンバープレートの位置が低くて、不細工顔ですが、愛嬌があって憎めません。

キャブ前窓の庇が幾分、下向きになっているように見えますが、ネット上の写真で確認すると、途中で折れているようです。

キャブは密閉化されていません。

清缶剤送入装置がキャブ前にデンと載っています。

翌年までには電化対策で補助灯が設置され、除煙板の点検口の蓋は撤去されます。

フロントの向かって左側のステップですが、2段目の踏板がすんげえ小さいんですけど。レタッチミス?自分でやりましたけど。

煙突のクルクルパーが、何だかアクセントに見えてきて、そんなに悪くない様に思えている今日この頃。

機関区にはもうもうと煙が立ちこめています。大きな機関区はどこもこんなんだったでしょうか。1時間も居ようものなら、鼻の中は真っ黒になっていました。

D51 96

田中 泰三様と江別の鐵様の画像の転載はご遠慮ください。

昭和43(1968)年9月1日 小樽築港

 

昭和49(1974)年10月27日 滝川駅

 

昭和50(1975)年7月13日 滝川機関区

 

昭和50(1975)年8月 岩見沢

 

不明

 

昭和51(1976)年3月4日 小樽築港駅

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D5196

夏でもスノープラウ

長野区に在籍し、同僚の95号機と近い時期に北海道へ渡ったものの、長野区らしい痕跡は見当たりません。信越本線で急行「白山」を牽引していた頃は、炭水車に重油タンクを載せていました。

北海道仕様に改造されているものの、キャブは密閉化されていません。

 

どうでもいいですが、96号機の前にあるのは19603です。炭水車背面の梯子が右側に付いているのが確認できます。入換専用機で、機関士席は右側にあります。

 

滝川駅では次位にワフ121000形式を連結しています。黄色い帯は最高速度が65km/hと遅いことを意味し、道外禁止の道内限定の運用としていました。

 

蒸機末期まで活躍したナメクジとして、多くのカメラに収まっていることでしょう。

そしていま、碓氷峠鉄道文化むらで余生を過ごしています。フロントにあったコの字手摺は撤去されていますが。

D51 95

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和47(1972)年6月16日 滝川機関区

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D5195

もともと、62号機と同じN-2タイプの長工式門デフを装備していましたが、62号機のように存置(といっても切り詰めされましたが)されることなく、北海道タイプの切り詰めデフに交換されてしまいました。交換された除煙板は新規に作ったものなのか、それとも他の機関車のものを移植したものなのかは分かりません。ただし上部ステーだけは門デフ時代のものです。

ついでかどうかは分かりませんが、煙室扉の取っ手も、向かって右側のものが撤去されています。長野区時代の、ランボードの縁から前端梁に伸びて、連結器両側でV字を描いていた白線は跡形もありません。

ドーム後端は、重油タンクを載せていた時の名残で、垂直に切り取られています。

炭水車のナンバープレートが、傾いて見えるのは気のせいでしょうか。炭庫上部へのステップは特徴的な梯子タイプです。

現在は新得の街で丁寧に保存されており、根室本線を行く列車を毎日見送っています。

D51 89

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和43(1968)年5月30日 金沢運転所

 

昭和43(1968)年11月14日 高岡機関区か?

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D5189

何と云っても、公式側除煙板の切り欠きが目に入ってきます。手摺は原型のものを内側だけ活用しており、C58形式200号機ほどはいじってません。類似した切り欠きには688号機がありますが、SAMPUKU爺様が撮影した688号機は切り欠き前の写真でした。

炭水車付きのものを除いて。形式入りナンバープレートは3枚。形式入りのものは、そこはかとなく時代を感じさせる書体に見えます。

5月には片側だけにあった前端梁前面の特異なステップが、11月にはスノープラウの装着に合わせてなのか、撤去されており、その取り付け用のボルト孔が明きっぱなしです。

876号機の炭水車と比べると、後方の切り欠き具合がだいぶ異なります。876号機のものは「8-20B」でしょうけれど、切り欠きは原設計よりも明らかに大きいです。因みに876号機は炭水車の画像しかありません。

89号機は豊橋市に良好な状態で保存されているようなので、機会のある方は是非とも訪問してこの機関車を眺めて欲しいものです。5輌しか存在しなかった貴重な標準形試作機(先行機)ですので。ただし、装着しているスノープラウはここの画像のものとは異なっています。