ただいま鉄道写真スキャン中

昭和40年代中半の国鉄時代から、21世紀初頭のJR時代までの鉄道写真をご紹介。当時のことやら思い付いたことなどをとりとめなく記しました。

D51 125

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和46(1971)年6月26日 中津川機関区

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51125

長工式の集煙装置を装備しています。長野工場で考案されて製作されたものですが、採用された線区は意外に広範囲で、地元の篠ノ井線信越本線中央東線・西線の他に、遠く山口線肥薩線D51にも搭載されていました。肥薩線では敦賀式の集煙装置も使用されていました。これは、長野方面から人吉機関区へ異動してきたD51では集煙装置をそのまま利用していましたが、集煙装置の天板開閉が手動式であったため、一部のD51では空気式の敦賀式に交換して(人吉区で製作したものなのか、お取り寄せしたものなのか、はたまた他の機関車から転用したものなのかは不明です)、機関助士の負担を減らしたということのようです。また、長工式のものを空気式に改造したケースもあったようです。

集煙装置はあるものの、炭水車の上に重油タンクは確認できません。

メーカーズプレートも換算票板も外されて、キャブ側面はちょっと寂し気。かつてはタブレットキャッチャーも付いていたのでしょう。

機関区内にも架線が張られており、作業等で蒸機に上がる際にはまさに「架線注意」です。

現在は船橋市で保存中。

D51 124

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和47(1972)年5月23日 秋田機関区
車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51124

炭水車に重油タンクを載せています。車歴表では3000リッターとなっていますが、幅が狭いことから1500リッターのような気がしなくもありません。炭水車背面、前照灯の右にある長方形状のモノは何でしょうね。灯具掛けでもなさそうだし。

ネット上の画像を見ると、キャブ屋根は延長されていたようです。

これといってあまり外観的な特徴が見つからないので、これ以上、書くことがありません。運用とかも分からないし。orz

 

昨日、ドローンが届きました。昔から空撮は憧れでしたが、ヘリでの空撮なんて経済的に到底無理だし、昨今大流行りのドローンに関しては何の知識もなく、勉強するのも面倒なので、その憧れは憧れのまま放置しておいたのですが、ふとしたことからめちゃくちゃ気になりだして、今なら無免許で飛ばすことができ、ドローンそのものもお手軽価格で入手できるということを知り、ついアマゾンでポチってしまいました。お手頃価格といってもピンキリで、本当に安いものはホバリングもままならぬようで、すぐ風に煽られてどこかへ飛ばされそう。なので、飛行安定性に優れ、まともなジンバル装備のDJI製品を選びました。今のところドローンを飛ばすのに免許は不要で(今年12月からは免許制になるらしい)、飛行禁止区域外であればほぼ自由に飛行可能です。とはいえ、自宅周辺など住宅地は広い範囲で飛行禁止区域となっており(国交省が飛行禁止区域を示した地図をアップしています)、たとえ家の庭であっても飛行は禁止です。なので、早速の飛行練習は部屋の中。ドローンを壁や家具にぶつけながら、操縦のコツを練習をしています。難点は飛行時間が短い事。スペック上は18分間ですが、風があったり、移動飛行を繰り返すことで電気を余計に消費しますから、実質せいぜい10分以下と見ておいた方がいいでしょう。まずは近場の札沼線で、低空の空撮から始めたいと思っています。なお、来月20日から所有者と機体の登録が義務づけられ、そうなると機体に登録番号を明記しないとそのドローンは飛ばせなくなります。登録そのものはPCとスマホがあれば簡単に行えます。用意するものは自動車運転免許証かパスポートと機体のシリアル番号と自分。スマホでの自撮りが一番手こずりました(笑)。眼鏡を外さねばならないので、よく見えなくてね。

D51 123

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和42(1967)年8月20日 新地駅

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51123

正面ナンバープレートの「3」は、下半身が細く弱弱しいです。

後部標識灯は1灯だけです。未装着側を見ると、灯具を引っ掛けるだけでなく、カップホルダーのような受け台まであるんですね。

この当時、123号機の配置区であった平機関区にはC62が十数輌おり、「ゆうづる」などの特急列車牽引で注目を集めていましたが、常磐線で貨物列車牽引に明け暮れていたD51なんかはファンからも格別注目されることなく、とても地味な存在だったのでしょうね。123号機と云えば、東武鉄道の3機目のC11が123号機を襲名したんですね。

給水温め器が、何となく右下がりに見えるのは気のせいでしょうか。向かって右側の除煙板上部ステーも何か右下がりに見えます。手持ちで写真を撮ると、いつも右下がりの癖がある私なので、水平には全然自信がありません。

それにしても前端梁の白丸、なんなのでしょう。

Amazon詐欺メールにご注意

久々にネット詐欺の話題です。

こんなメールが届きました。

字がちっちゃ過ぎて読めないでしょうからテキストをコピペで。

 

 Amazonお客様

  Amazonチームはあなたのアカウントの状態が異常であることを発見しました。バ
  インディングされたカードが期限が切れていたり、システムのアップグレードによ
  るアドレス情報が間違っていたりして、あなたのアカウント情報を更新できません

  リアルタイムサポートをご利用ください

  お客様の Amazonアカウントは 24 時間 365 日対応のサポートの対象となっており
  ますので、 Amazon サポートチームにご連絡いただければ、アカウントの所有権の
  証明をお手伝いします。
お客様の Amazonアカウント
アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新
することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウン
トは永久ロック。

 

なんて書いてあります。

しばしばアマゾンで買い物する私としては一瞬ドキッとしますが、こういう焦らして記載してある変なサイトに飛ばす手法はよくあるようですから、一応ネットでこの手の詐欺メールがあるのかを確認。するとありましたねえ。

https://www.nojima.co.jp/support/koneta/92096/

 

で、アドレスをよ~く見てみると・・・

 

amazon ならぬ amozon。地獄へ行って下さい。

D51 120

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和42(1967)年8月17日 鷲別機関区?

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51120

炭水車後方の建物が扇形車庫のように見えます。鷲別区に扇形車庫はないので、別な機関区かもしれません。

函館本線電化前の姿なので、ギースルながらも密閉キャブ、旋回窓以外は標準のままの姿に見えます。個人的に標準デフのギースルは見慣れないものなので、何か新鮮です。幾分、上向きのナンバープレートがちょっと生意気です。

車輛の形式写真を撮る際には色々とやかましい決め事があるようですが、蒸機の場合のそれのひとつはロッドの位置にあります。画像のように連結棒が一番下になる位置が望ましいとされているようです。構図として一番安定感があるからでしょうかね。それとも、図面で示されるのがこの位置だからでしょうか。なんてことを考えながら機芸出版社の「蒸気機関車スタイルブック 1963」をペラペラめくってみると、やはり図面はみんな連結棒が一番下になる位置で描かれてい・・・ないものがありました。C53(中間高さ)、6760(中間高さ)、4110(最上位置)、5680(中間高さ)などです。一応、ネコパブリッシングの「日本蒸気機関車史」も見てみると、おお、こっちは全部、連結棒を最下位置で描いてい・・・ないのが1形式だけありました。5860(最上位置)です。知らんがな、そんな形式。最下位置に描かなかった理由を知りたいものです。

もしも原子力機関車なんてのが作られたとしたらそれは蒸気機関車の部類に含まれるものの、駆動は電動機でしょうから、外観上はディーゼル機関車になったでしょうね。電気式原子力蒸気機関車とか。

D51 118

田中 泰三様の画像の転載はご遠慮ください。

昭和47(1972)年6月17日 追分機関区

 

昭和50(1975)年12月13日 追分機関区

 

昭和51(1976)年3月4日 小樽築港駅

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51118

ゆく年くる年」と云えば「紅白歌合戦」に続くNHKの定番年越し番組ですが、かつては民放が共同で放送していた同じタイトルの番組がありました。昭和50年12月24日、国鉄の営業列車から蒸機の姿が消えました。それに因んだのでしょうか、民放版「ゆく年くる年」では、梅小路蒸気機関車館からの中継がありました。新聞の番組記事で何があるのかは分かっていましたが「森永エールチョコレート」ですっかり有名になった山本直純氏が登場すると、氏の指揮によって、梅小路の蒸機たちが汽笛吹鳴で「蛍の光」を演奏したのです。YouTubeでは音声だけの動画がアップされています。当時はビデオデッキを持つ一般家庭はほとんどありませんから、この番組を録画した人がいたかどうか。汽笛は音程が一定かと思っていましたが、何らかの方法で機関車ごとに音程を変えたようです。汽笛が奏でる「蛍の光」に、蒸機との別れと同時に青春との別れまでをも感じ取り、すっかりしょげ返った18歳の私なのでありました。

でもこの118号機の事は知りませんでした。多分、忘れてしまっただけなのでしょうけど。

D51 117

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。

昭和43(1968)年12月25日 鹿ノ谷駅

車歴は↓こちら。

http://d51498.com/db/D51/D51117

ギースルエジェクター機です。36輌(38輌という説もあり)が存在したギースル機の最若番になります。前から見ると細く、横から見ると逆台形のぺったらこい、変な煙突が特徴。上から見ると長円形で、前後2本の吐出管があります。オーストリアのギースル先生が発明したもので燃焼効率を高める効果が期待されました。つまり石炭使用量が減少するわけです。地元オーストリアでは普及したものの、日本では導入が遅かったこともあってか、36輌のD51が採用されたにとどまりました。もしかして特許使用料が高かったとか?ギースル機の配置は秋田区、旭川区、岩見沢第一区、追分区になりますが、中でも追分区には延べ20輌以上のギースル機が集中していました。これは、室蘭本線で2400トン貨物を牽引していたことが理由だそうです。ギースルの性能試験によれば、燃焼効率はいいものの、シンダの発生は多かったようです。

切り詰めデフ、補助灯、密閉キャブ、ギースル、ナンバーが読めないほど汚れたナンバープレート、北海道のD51にはそんな印象があります。原型至上主義派からすれば、北海道のD51はもはやD51ではなかったでしょうね。

 

ところで鹿ノ谷駅。この当時はまだ夕張鉄道が健在であり、機関区のあった鹿ノ谷駅はさぞや活気にあふれていたことでしょう。いいな、いいな、117。