ただいま鉄道写真スキャン中

昭和40年代中半の国鉄時代から、21世紀初頭のJR時代までの鉄道写真をご紹介。当時のことやら思い付いたことなどをとりとめなく記しました。

58697

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和45(1970)年9月2日 御召列車牽引機ですが、それらしい名残はちょっと見当たりません。 九州機らしくK-7タイプの門デフ装備。リンゲルマン濃度計も付いてるし。一口にK-7タイプの門デフといっても、…

58690

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和41(1966)年8月5日 郡山機関区 由緒ある形式入り番号板ですが、前端梁のゼブラ模様からして入換専用機だったのでしょうか。郡山区のハチロクに本線運用はなかったようです。煙突上のお…

58684

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 撮影日不明 佐倉機関区か 58680、58683に続き、佐倉機関区のハチロクなので、ディテールに共通点が見出せます。(LP403、内側寄りのフロント手摺、L型サイドステップ、外側回しのブレーキ管、除煙板のミニ…

58683

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和42(1967)年12月10日 佐倉機関区 撮影日不明 佐倉機関区か? 前回の58680の同僚と云えるでしょうか。ただし、除煙板の点検口はミニサイズ。これでも無いよりはマシということでしょうか…

58680

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年3月27日 佐倉機関区 やはりハチロクにLP403はいささか大きいです。 ブレーキ管が外側を回り込んでいるのは大宮工場担当機の特徴なのでしょうか。煙室戸の十字ハンドルはモロ…

58654

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和44(1969)年4月25日 若松機関区 いわずと知れた「あそBOY」の現役時代の姿です。後に「SL人吉号」、更には鬼滅の刃無限列車牽引機にもなりました。などとつらつら書いていますが、ハチ…

58653

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和42(1967)年1月21日 竜華機関区 ローマン書体の形式入り番号板が味わい深いですね。LP42とのバランスもいいです。ローマン書体を見ると昔の穴無し50円玉を思い出してしまいます。 煙突…

58652

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年1月24日 大分運転所 ランボードに白を差していますが、晩年の入換専用機の姿になります。入換機なのに解放テコが片側だけで作業はし辛くなかったのでしょうか。サイドステッ…

58648

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮下さい。 昭和45(1970)年9月2日 早岐機関区 K-7タイプの門デフ、化粧煙突、十字の煙室戸ハンドル、白を差したランボード。1/80にスケールダウンして机の脇に置いておきたいですね。 この当時は入換の他に松浦線の…

48693

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年3月18日 南延岡機関区 南延岡区、生え抜きの機関車です。 パイプ煙突に除煙板付きですが、ローマン体の形式入り番号板がハチロクの格式を見る思いです。形式入り番号板はキャブ両側面のもの…

48677と78638と29625

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮下さい。 昭和41(1966)年9月21日 岡山機関区 入換専用機がずらりと並んでいます。どれも初登場のナンバーばかり。 48677は煙室戸にはゼブラはなく、前端梁にはV字型のゼブラ模様。解放テコは片側だけ。岡山区には8…

48661

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮下さい。 昭和42(1967)年3月11日 吹田第一機関区 この当時、関西地区ではハチロクの営業運用は存在せず、もっぱら入換専用機でした。竜華区から吹田一区までわざわざ何をしに来たのか分かりませんが、貴重な一コマ…

48648

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年5月30日 金沢運転所 車歴表によれば第一種休車状態のようです。 化粧煙突を継ぎ足して回転式火の粉止めを載せています。 キャブ側窓の庇は少し大きめでしょうか。 炭水車側板のキャブ寄りの…

48640

田中 泰三様と江別の鐵様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和47(1972)年5月23~25日 東能代機関区 撮影メモによれば1枚ごとに日付が異なっているようですが、同じ場所での撮影のようですし、多分同じ日に撮影されたものと思われます。 蝶番の腕が…

48635

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和45(1970)年12月16日 梅小路機関区 車歴表によれば、まだ廃車ではないようです。実際、ロッド類はそのままの状態ですし。でも番号板がないだけで廃車体に見えてしまいますね。 煙室前端…

48633

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年2月18日 盛岡機関区 遂に登場、ボックス動輪のハチロク。車歴表ではボックス動輪径が1520mmと、C58と同様の動輪を採用していることになっていまが、80mmも径が異なって何…

38697

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和42(1967)年9月16日 柳井機関区 車歴表によれば、この前年の12月1日付けで廃車されているのに、そのような姿には見えません。ボイラー代用にでもされていたのでしょうか。 入換専用機…

38695

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年2月18日 盛岡機関区 前回の38690を撮影された方と同一人物による画像のようです。 戦後はず~っと盛岡機関区に配置され、異動しなかった機関車です。 除煙板の小振りな点検…

38690

田中 泰三様と’撮り人不明’様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和43(1968)年2月18日 盛岡機関区 給水中の一コマです。 煙室戸周りの手摺は中央で分断されています。そのため支持材がわずか1カ所だけとなっています。大丈夫かいな。 煙突が何やら…

38688

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年2月16日 大更(おおぶけ)駅(花輪線) ハチロクによる重連、三重連、変則3台運転など、様々な形態で補機運用のあった花輪線。最後尾から白い蒸気が上がっているので、この…

38685

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和42(1967)年4月29日 竜華機関区 非公式側の除煙板が少し傾いているように見えますが、ま、見なかったことに。 煙室戸周りの手摺ですが、どうしてハチロクだけ上部1本ものなんでしょう…

38681

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和43(1968)年3月17日 鳥栖機関区 流石、九州機!と絶賛したくなるような美しい姿です。化粧煙突と門デフ(K-7タイプ)とLP42の組み合わせも絶妙です。足回しは磨かれ、1600mmのスポーク動輪が軽快さを…

38671

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和43(1968)年2月10日 佐倉機関区 関東各地を渡り歩いた機関車です。佐倉区時代には成田線や総武本線などで客車や貨車を牽引していました(「蒸気機関車 昭和51年3月号 No.42」より)。 …

38652

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 撮影日・撮影場所とも不明 戦前から竜華機関区に配置されており、昭和40年頃の画像だとすると城東貨物線での運用が考えられます。次位にD51を従えています。 ネット上の昭和36(1961)年に撮…

38634

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和45(1970)年9月1日 中間駅付近 九州で一生を終えた機関車です。化粧煙突ではありませんが、LP42と除煙板のない姿がかつて幹線で急行列車を牽引していたであろう雄姿を彷彿とさせます。前部の解放テ…

38633

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和43(1968)年3月17日 人吉機関区 番号板、向かって右側にある縦長の部材は何なのでしょう。 除煙板は前端上部が斜めにカットされており、古風なハチロクにはちょっと似合わない気がします。前端下半分…

38622

田中 泰三様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和43(1968)年6月25日 徳島気動車区小松島支区 C58 295号機の記事で使用した画像ですが、今回は38622の画像としてのアップです。 正面の番号板は形式入りですが書体がゴシックなので、いささか風格が見…

28698

SAMPUKU爺様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和43(1968)年 梅小路機関区 この当時は入換や貨物列車の小運転に使われていたようですが、それにしては妙に小綺麗な外観です。ランボードに白を差しているし。何かイベントでもあったのでしょうか。 正…

28688

江別の鐵様と’撮り人不明’様の画像につき、転載はご遠慮ください。 昭和45(1970)年8月21日 東能代駅 「手打きそば」が入る木造の建物と様々なタイプの貨車、良き時代の昭和の空気感が堪りません。 28688はといえば低めの除煙板と細めの上部ステー、タッパ…

28677

matuno kura が撮影した画像ではないので、転載はご遠慮下さい。 昭和41(1966)年8月19日 岡山機関区 パイプ煙突ながら、LP42に形式入り番号板、キャブ裾は切り上げず、炭水車は増炭枠無しの古いまま。石炭の積載量は3.25トンのままでしょうか。入換機だっ…